ワールドカフェとは?

ティンクルラボの交流会で定番のように登場するワールドカフェ。ワールドカフェって何?世界のカフェ?そう質問をよくいただきます。わからないと交流会の価値も見えにくいでしょう。

ということで、ワールドカフェについて簡単に解説します!

ワールドカフェって何?

ワールドカフェとはワールド・カフェとは、Juanita Brown(アニータ・ブラウン)とDavid Isaacs(デイビッド・アイザックス)によって、1995年に開発・提唱された今注目の会議手法・コミュニケーション手法。

カフェのようなリラックスした素敵な空間でリラックスした中、少人数に分けたテーブルで自由な会話をしながら対話を行い、ときどき他のテーブルのメンバーとシャッフルして対話を続けながら、参加する全員の意見や知識を集める方法。

1.本物のカフェのようにリラックスした雰囲気の中で、テーマに集中して対話する
2.自分の意見が尊重されると安心できる場で相手の意見を聞き、つながりを意識しながら自分の意見を伝えることにより生まれる場の一体感を味わえる
3.メンバーの組み合わせを変えながら、4~5人単位の小グループで話し合いを続けることにより、あたかも参加者全員が話し合っているような効果が得られる
4.参加者数は12人から、1,000人以上でも実施可能

ワールドカフェの効果

1.話しやすさが生まれる
リラックスした雰囲気が演出される上に少人数のため気軽に言葉を発することができます
2.発言の機会が増える
どんなに人数が増えてもテーブル人数は変わらないので必ず発言の機会を得れます
3.参加者全員の意見が集まる
「4人で話しているにもかかわらず、その場にいる参加者全員で対話をしている気がしてくる!」
4.人がつながる
一テーブルは4~5人なのでお互いがお互いの話に耳を傾けるので一体感や共感を受けることでつながりが強く感じられます

ワールドカフェの流れ

1.テーブルクロスにみたてた模造紙をテーブル一面におきます
2.4~5名でテーブルを囲みます
3.テーブルオーナを決めます
4.テーマを聞いたら各テーブルで簡単に自己紹介した後対話スタートです
5.トーキングオブジェを持っている人だけが発言します
6.聞いているメンバーは模造紙にペンで表現します
7.順番が来たらつながりを意識して発言します

始めてワールドカフェを体験する方は驚いてます。カフェに来たのに、何で模造紙出てきたの???ってね。でも、ワールドカフェが始まるとみんな夢中で話に集中し始めます。そして、そこから生まれるホクホクした気持ち!これは体験した方しかわかりませんね。

ぜひ一度ティンクルラボでワールドカフェを体験してみてください。
企業内の組織開発や他業種交流、コミュニケーションツールとしても活用できます。
詳しくはお気軽にお問合せください。

info@twinkle-labo.com

タグ

2011年6月8日 |

カテゴリー:イベント